2006年11月24日

新聞社のサイトで日本語を知る

 日本語教師的なインターネットの活用法としては、ウェブ上の文字データを電子コーパスとして、ある特定の文字列(単語、熟語、表現など)がどのように使われているか、その用例、用法を観察することである。その観点からすると、新聞社の新聞記事データは書き言葉の電子データとして非情に利用価値のあるものである。
 朝日新聞、読売新聞、毎日新聞などメジャーな新聞はいずれも有料で記事検索サービスを提供しているが、無料で利用できるものは、限定的ながら次のサイトがある。続きを読む (....read more)
posted by oyanagi at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | Site・サイト・さいと